用途によって日焼け止めを使い分ける方法

夏になると日焼け止めをこまめに塗り直している女性を多く見かけるようになりますが、実は紫外線は春から強くなり始めているのです。
春は気候も穏やかなのでアウトドアにはピッタリの季節なのです。この時期に日焼け止めをしっかりと塗っておかないと夏になる前に日焼けしてしまっているということになってしまいます。
春からUVケアをする場合、アウトドアと日常生活で使い分けることをおすすめします。
最近ではSPFが強い物でもテクスチャーがさらっとしている物も販売されていますが、SPFがそんなに高くない物の方が特にさらっとしたテクスチャーなので日常生活にはピッタリなのです。
SPFが高くない物の方が値段も安い物が多く販売されていますので、経済的にも助かるのです。
アウトドアなどで絶対に日焼けをしたくない場合には、SPFが高いものを使用することをおすすめしますが、日常生活を普通に送っていれば外に出る時間はそんなにありませんので、SPFは高くなくても大丈夫なのです。
こういったように用途によって日焼け止めを使い分けることで、経済的にも助かりますし、いつも重たいテクスチャーの物を使用しなくても済むといったメリットもあるのです。

Comments are closed.