注目の化粧品成分マグノリグナンの効果とは

 

肌の悩みでも特に多いものにシミがあげられます。
そして、シミの改善には美白ケアが行われますが、シミにも様々な種類がありますので、それぞれの症状に合った方法で改善していくことが大切です。
紫外線や老化がもとで起こる場合もありますし、ニキビ跡がシミになってしまうもので、さらに中年期の女性に多い肝斑という症状もあります。これは、頬骨のあたりにできるもやっとしたシミで、左右対称に出ることが特徴です。

肝斑を改善するためには、その改善に役立つ医薬品や化粧品を選ぶことが大切ですが、美白成分も実に多くの種類がありますので、よく確認して選んでいきましょう。

マグノリグナンも注目されている成分で、こちらはメラニン色素生成を阻害するのに役立つ成分で、一般的なシミとは異なるシミである肝斑にも効果があるとされています。
安全性が高く、肌荒れなどを起こすことは少ないとされていますが、肌の質には個人差がありますので、刺激を感じたり、肌が荒れる場合は使用を中止します。

多くの美白成分はチロシナーゼに働きかけてメラニン色素の生成を防いでいきますが、マグノリグナンはチロシナーゼ自体の成熟を阻害するのでより早い段階でシミができるのを防ぐ効果も期待できます。

 

Comments are closed.