シミができやすくなる!?ソラレンを含む食材とは

今、流行のグリーンスムージー。手軽に朝食が取れると評判です。
美肌効果を期待して、せっせと摂取した結果、なぜかシミやソバカスが増えてしまったという人はいませんか。
実は野菜や果物によっては、「光毒性」と呼ばれる紫外線を体内に吸収しやすくする成分を含んでいるのです。
紫外線を浴びると、皮膚は防御反応を起こしメラニン色素を作り出します。そのメラニン色素が皮膚に残るとシミになります。
ソバカスは紫外線を浴びると濃くなるといわれています。
光毒性をもつ成分として、植物の中に含まれるソラレンがあげられます。
ソラレンが含まれる食べ物は、レモンやオレンジ、グレープフルーツなどの柑橘類です。特にレモンはビタミンCも多いので美白効果がありますが、光毒性もあるので食べ方に注意が必要なのです。
意外なところではきゅうり。昔からきゅうりパックは美肌にいいとされてきましたが、今ではあまりすすめられていません。
パセリ、セロリ、しそなどの香味野菜もソラレンの含有量が多いです。
日光に過敏となり、皮膚炎を起こす光線過敏症の人もソラレンに気をつけて下さい。
ではソラレンの影響を防ぐには、どうしたらいいでしょうか。
ソレランを含む野菜や果物を制限するのではなく、シミやソバカス予防のある野菜、果物を一緒に摂取する方法があります。
トマトに含まれるリコピンは、紫外線を浴びると増えるメラニン色素を活性化させる酵素を消去してくれます。
アロエには、メラニン色素を作る物質の働きを抑えてくれる成分が含まれています。
グリーンスムージーを作る時は、いつも同じ野菜や果物に偏らず、いろいろな組み合わせをしましょう。
バランスが大切です。

Comments are closed.