日焼けしてしまったら食べるべき食材とは

 

日焼けはシミ、そばかすだけでなく、しわやたるみの原因ともなることがわかっています。美肌の敵とも言える紫外線、そもそも日焼けをしなければいいのですが、してしまったら諦めるしかないのでしょうか。確かに日焼けしないに越したことはありませんが、日焼け後のケアによって、その後の肌の状態は大きく変わってくるのです。
日焼け後のケアというと、肌の炎症を抑えるための、スキンケアばかりが思いつくかもしれませんが、実は食事も重要なのです。そこで日焼けしてしまったら食べるべき食材をご紹介します。
まずはかぼちゃです。美肌によい食材として有名なかぼちゃには、抗酸化物質として知られるビタミンA、C、Eを多く含んでいるのです。紫外線を浴びた後の肌には活性酸素が大量発生しています。この活性酸素が肌トラブルの原因となるのです。そこで抗酸化作用のある物質を多く含むかぼちゃを摂取することで、その活性酸素を抑制できるのです。
また豚や鶏のレバーも有効です。こちらにはビタミンAが多く含まれています。ビタミンAには肌のターンオーバーを活性化する作用があります。古い肌細胞から新しい肌細胞に生まれ変わることができるのです
それに良質なたんぱく質を含むことから卵も美肌に欠かせません。こういった食材を食事でおいしく摂取することで、日焼け後の肌を速やかに回復させるための手助けとなるのです。

 

Comments are closed.