日焼け止めのSPF・PAとは

 

美白ケアに気を配る人が多く、色白肌が人気です。それだけではなく、紫外線が肌に与える害があるため、大人だけでなく子供も日焼けしないように気を配る人が増えています。日焼けをすることでしみの原因となったり、蓄積されて将来的にハリが失われることでしわやたるみを引き起こすのです。
紫外線対策として一般的なのは日焼け止めクリームを使用することです。選ぶ際、気をつけなければいけないのは数値です。SPFはしみや皮膚がんの原因となる紫外線B波をカットします。何もつけていない状態のときと使用した時、日焼けが始まる時間がどのくらいかを示しており、数字が大きいほど長時間紫外線を防げます。PAは皮膚を黒くしたり将来しわやたるみの原因となる紫外線A波を防止する数値です。+がたくさんあるほど強いのです。
日焼け止めは数値が高いほど紫外線をカットしてくれますが、日常生活なら強すぎなくても良いのです。真夏のレジャーの時と日常生活の時で使い分けるのも良いのです。また、こまめに塗りなおしたり、顔ならファンデーションを併用するとよりカットできます。
肌の老化は紫外線が大きな要因を占めています。上手に日焼け止めを使用してカットすることで10年後の肌が変わるのです。

 

Comments are closed.