日焼け防止効果がある食べ物とは

日焼け防止には、紫外線をできるだけ浴びないようにすることが一番大事です。しかし、日焼け止めなどで日焼け対策をしているのに、知らず知らずに日焼けしていることも多いのが現状です。日焼け対策には外側のケアに加え、食事などで体の内側からケアすることも大事です。
日焼け対策に効果的とされる栄養素は、オメガ3脂肪酸や良質の飽和脂肪、βカロチンやビタミンEといった抗酸化物質が挙げられます。オメガ3脂肪酸はアマニ油やエゴマ油に多く含まれています。βカロチンはカボチャやニンジンといった緑黄色野菜に多く含まれる栄養素です。特にトマトに含まれるβカロチンの一種であるリコピンは皮膚に蓄積し、抗酸化効果が高いという報告もされています。ビタミンEはナッツ類やアボカドに多く含まれています。
また、最近では日焼け防止効果のある食べ物として、ザクロやココナッツオイルが注目されています。ザクロにはポリフェノールやビタミンCなど高い抗酸化作用があるほか、ビタミンB1やビタミンB2、アスパラギン酸やグルタミン酸といったアミノ酸も豊富に含まれています。ココナッツオイルには美肌作用のあるビタミン類、むくみを解消するカリウム、新陳代謝を促進するマグネシウムが豊富に含まれています。ココナッツオイルは肌機能を高める効果があるとして、体や顔に塗って美容ケアにも使用されています。

Comments are closed.