日焼け止めは夏以外も怠らないで

 

紫外線を浴びると、シミの原因となってしまいます。

紫外線が肌に当たると、皮膚を守ろうとしてメラニン色素が、大量に生成されます。
肌のターンオーバーが正常に行われていると、メラニン色素は垢として古い角質と一緒に、体外へと排出されるのですが、紫外線を浴び続けていると排出が間に合わず、メラニン色素が沈着してしまうのです。

また紫外線はシミを作りやすくするだけでなく、肌のバリア機能を低下させたり、皮膚癌の原因となってしまいます。
ですので、しっかり紫外線対策を行う事が大切なのです。

紫外線対策には日傘や帽子なども有効ですが、紫外線は室内にも降り注いでしまう為、日焼け止めでケアする事が有効です。

ただ、注意したいのが日焼け止めを使うのは夏だけでなく、冬もオールシーズン使うという事にあります。
暑い夏場は紫外線がたっぷり降り注いでいるイメージがありますが、寒い冬場も紫外線は地上に届いています。

また雨や曇りの日も、晴れの日に比べると低い数値ですが、紫外線は降り注いでいる為、1年中対策する事がお勧めなのです。
ただ、SPFの数値が50など高い物を、毎日使い続けていると肌への負担となってしまう為、日常紫外線のケアにはSPF30程度の日焼け止めを使いましょう。

 

Comments are closed.