Archive for the ‘未分類’ Category

注目の化粧品成分マグノリグナンの効果とは

 

肌の悩みでも特に多いものにシミがあげられます。
そして、シミの改善には美白ケアが行われますが、シミにも様々な種類がありますので、それぞれの症状に合った方法で改善していくことが大切です。
紫外線や老化がもとで起こる場合もありますし、ニキビ跡がシミになってしまうもので、さらに中年期の女性に多い肝斑という症状もあります。これは、頬骨のあたりにできるもやっとしたシミで、左右対称に出ることが特徴です。

肝斑を改善するためには、その改善に役立つ医薬品や化粧品を選ぶことが大切ですが、美白成分も実に多くの種類がありますので、よく確認して選んでいきましょう。

マグノリグナンも注目されている成分で、こちらはメラニン色素生成を阻害するのに役立つ成分で、一般的なシミとは異なるシミである肝斑にも効果があるとされています。
安全性が高く、肌荒れなどを起こすことは少ないとされていますが、肌の質には個人差がありますので、刺激を感じたり、肌が荒れる場合は使用を中止します。

多くの美白成分はチロシナーゼに働きかけてメラニン色素の生成を防いでいきますが、マグノリグナンはチロシナーゼ自体の成熟を阻害するのでより早い段階でシミができるのを防ぐ効果も期待できます。

 

シミができやすくなる!?ソラレンを含む食材とは

今、流行のグリーンスムージー。手軽に朝食が取れると評判です。
美肌効果を期待して、せっせと摂取した結果、なぜかシミやソバカスが増えてしまったという人はいませんか。
実は野菜や果物によっては、「光毒性」と呼ばれる紫外線を体内に吸収しやすくする成分を含んでいるのです。
紫外線を浴びると、皮膚は防御反応を起こしメラニン色素を作り出します。そのメラニン色素が皮膚に残るとシミになります。
ソバカスは紫外線を浴びると濃くなるといわれています。
光毒性をもつ成分として、植物の中に含まれるソラレンがあげられます。
ソラレンが含まれる食べ物は、レモンやオレンジ、グレープフルーツなどの柑橘類です。特にレモンはビタミンCも多いので美白効果がありますが、光毒性もあるので食べ方に注意が必要なのです。
意外なところではきゅうり。昔からきゅうりパックは美肌にいいとされてきましたが、今ではあまりすすめられていません。
パセリ、セロリ、しそなどの香味野菜もソラレンの含有量が多いです。
日光に過敏となり、皮膚炎を起こす光線過敏症の人もソラレンに気をつけて下さい。
ではソラレンの影響を防ぐには、どうしたらいいでしょうか。
ソレランを含む野菜や果物を制限するのではなく、シミやソバカス予防のある野菜、果物を一緒に摂取する方法があります。
トマトに含まれるリコピンは、紫外線を浴びると増えるメラニン色素を活性化させる酵素を消去してくれます。
アロエには、メラニン色素を作る物質の働きを抑えてくれる成分が含まれています。
グリーンスムージーを作る時は、いつも同じ野菜や果物に偏らず、いろいろな組み合わせをしましょう。
バランスが大切です。

日焼けしてしまったら食べるべき食材とは

 

日焼けはシミ、そばかすだけでなく、しわやたるみの原因ともなることがわかっています。美肌の敵とも言える紫外線、そもそも日焼けをしなければいいのですが、してしまったら諦めるしかないのでしょうか。確かに日焼けしないに越したことはありませんが、日焼け後のケアによって、その後の肌の状態は大きく変わってくるのです。
日焼け後のケアというと、肌の炎症を抑えるための、スキンケアばかりが思いつくかもしれませんが、実は食事も重要なのです。そこで日焼けしてしまったら食べるべき食材をご紹介します。
まずはかぼちゃです。美肌によい食材として有名なかぼちゃには、抗酸化物質として知られるビタミンA、C、Eを多く含んでいるのです。紫外線を浴びた後の肌には活性酸素が大量発生しています。この活性酸素が肌トラブルの原因となるのです。そこで抗酸化作用のある物質を多く含むかぼちゃを摂取することで、その活性酸素を抑制できるのです。
また豚や鶏のレバーも有効です。こちらにはビタミンAが多く含まれています。ビタミンAには肌のターンオーバーを活性化する作用があります。古い肌細胞から新しい肌細胞に生まれ変わることができるのです
それに良質なたんぱく質を含むことから卵も美肌に欠かせません。こういった食材を食事でおいしく摂取することで、日焼け後の肌を速やかに回復させるための手助けとなるのです。

 

日焼け防止効果がある食べ物とは

日焼け防止には、紫外線をできるだけ浴びないようにすることが一番大事です。しかし、日焼け止めなどで日焼け対策をしているのに、知らず知らずに日焼けしていることも多いのが現状です。日焼け対策には外側のケアに加え、食事などで体の内側からケアすることも大事です。
日焼け対策に効果的とされる栄養素は、オメガ3脂肪酸や良質の飽和脂肪、βカロチンやビタミンEといった抗酸化物質が挙げられます。オメガ3脂肪酸はアマニ油やエゴマ油に多く含まれています。βカロチンはカボチャやニンジンといった緑黄色野菜に多く含まれる栄養素です。特にトマトに含まれるβカロチンの一種であるリコピンは皮膚に蓄積し、抗酸化効果が高いという報告もされています。ビタミンEはナッツ類やアボカドに多く含まれています。
また、最近では日焼け防止効果のある食べ物として、ザクロやココナッツオイルが注目されています。ザクロにはポリフェノールやビタミンCなど高い抗酸化作用があるほか、ビタミンB1やビタミンB2、アスパラギン酸やグルタミン酸といったアミノ酸も豊富に含まれています。ココナッツオイルには美肌作用のあるビタミン類、むくみを解消するカリウム、新陳代謝を促進するマグネシウムが豊富に含まれています。ココナッツオイルは肌機能を高める効果があるとして、体や顔に塗って美容ケアにも使用されています。

美白に欠かせない栄養素と効果的な成分とは

美白に欠かせない栄養素であるビタミンとミネラルは、体内で作ることが出来ません。食事から摂取する必要があります。皮膚の角質を作るのを助けるのがビタミンAです。ベータカロテンから摂取することができます。抗酸化作用があり、脂溶性という特性があるので、油で調理をするか脂質を持つ食品と一緒に食べると効果的に摂取することが出来ます。肌や皮膚、髪の発育に欠かせないのがビタミンB群です。不足すると口内炎や肌荒れの原因になります。ビタミンB群は水溶性なので、水に溶けやすい性質を持っています。その為、洗いすぎには注意が必要です。肌の再生とホルモンの分泌を助けるのがビタミンCです。メラニン色素の無色化に効果的に作用し、しわ予防にも最適な水溶性の栄養素です。ですが、長い間体内に蓄積されないので、毎日摂取することが必要となります。このビタミンCと一緒に摂ることで効果的なのがビタミンEです。身体の隅々まで栄養素を行き渡らせることが出来るので、老化予防にも効果を発揮します。脂溶性の特質があります。そして、ミネラルの1つである鉄分は、身体の隅々まで綺麗な酸素を送るのに必要になります。鉄不足は、シミやクマなどの原因になります。鉄分は吸収率が良くないので、葉酸やビタミンCと一緒に摂取すること大切です。今までは身体の内部からでしたが、今度は身体の外から使う化粧品についてです。シミくすみの予防的美白に効果的な成分として、ビタミンC誘導体・アルブチン・ルシノール・コウジ酸・プラセンタ・マグノリグレンなどがあります。すでにあるシミくすみ対策には、ハイドロノキシン・ビタミンC誘導体が有効です。

日焼け止めのSPF・PAとは

 

美白ケアに気を配る人が多く、色白肌が人気です。それだけではなく、紫外線が肌に与える害があるため、大人だけでなく子供も日焼けしないように気を配る人が増えています。日焼けをすることでしみの原因となったり、蓄積されて将来的にハリが失われることでしわやたるみを引き起こすのです。
紫外線対策として一般的なのは日焼け止めクリームを使用することです。選ぶ際、気をつけなければいけないのは数値です。SPFはしみや皮膚がんの原因となる紫外線B波をカットします。何もつけていない状態のときと使用した時、日焼けが始まる時間がどのくらいかを示しており、数字が大きいほど長時間紫外線を防げます。PAは皮膚を黒くしたり将来しわやたるみの原因となる紫外線A波を防止する数値です。+がたくさんあるほど強いのです。
日焼け止めは数値が高いほど紫外線をカットしてくれますが、日常生活なら強すぎなくても良いのです。真夏のレジャーの時と日常生活の時で使い分けるのも良いのです。また、こまめに塗りなおしたり、顔ならファンデーションを併用するとよりカットできます。
肌の老化は紫外線が大きな要因を占めています。上手に日焼け止めを使用してカットすることで10年後の肌が変わるのです。

 

用途によって日焼け止めを使い分ける方法

夏になると日焼け止めをこまめに塗り直している女性を多く見かけるようになりますが、実は紫外線は春から強くなり始めているのです。
春は気候も穏やかなのでアウトドアにはピッタリの季節なのです。この時期に日焼け止めをしっかりと塗っておかないと夏になる前に日焼けしてしまっているということになってしまいます。
春からUVケアをする場合、アウトドアと日常生活で使い分けることをおすすめします。
最近ではSPFが強い物でもテクスチャーがさらっとしている物も販売されていますが、SPFがそんなに高くない物の方が特にさらっとしたテクスチャーなので日常生活にはピッタリなのです。
SPFが高くない物の方が値段も安い物が多く販売されていますので、経済的にも助かるのです。
アウトドアなどで絶対に日焼けをしたくない場合には、SPFが高いものを使用することをおすすめしますが、日常生活を普通に送っていれば外に出る時間はそんなにありませんので、SPFは高くなくても大丈夫なのです。
こういったように用途によって日焼け止めを使い分けることで、経済的にも助かりますし、いつも重たいテクスチャーの物を使用しなくても済むといったメリットもあるのです。

敏感肌こそ日焼け止めが大切

敏感肌の方こそ日焼け止めが大事です。肌が敏感な方は肌のバリア機能が弱くなっています。そこに紫外線が当たってしまうのですから、その影響はより大きくなります。しかし、敏感肌ゆえに日焼け止めそのものが肌に合わず、かゆみやかぶれに悩まされている方も多いです。最近は敏感肌用に処方されているものも沢山でてきていますので、そのような物のなかから自分に合っているものを見つけるとよいです。ファンデーションにも日焼け止め効果はありますので、自分に合うものが見つからないときには、ファンデーションを活用するという方法もあります。ミネラルファンデーションなどを利用すれば、肌に負担をかけずに紫外線対策をすることができます。肌が弱い方は、自分に合うものを使うことと共に、その使い方も大切です。数値の高いものは肌への負担も大きくなりますので、普段用とアウトドア用の使い分けをするとよいです。また汗などで流れたりすれば紫外線カットできませんので、忘れずに塗りなおすことも大切です。また、役目を終えたものはしっかりと落とす必要があります。なかには専用のクレンジングが必要なものもありますので、使ったものにあわせてしっかりと落としましょう。

日焼け止めは夏以外も怠らないで

 

紫外線を浴びると、シミの原因となってしまいます。

紫外線が肌に当たると、皮膚を守ろうとしてメラニン色素が、大量に生成されます。
肌のターンオーバーが正常に行われていると、メラニン色素は垢として古い角質と一緒に、体外へと排出されるのですが、紫外線を浴び続けていると排出が間に合わず、メラニン色素が沈着してしまうのです。

また紫外線はシミを作りやすくするだけでなく、肌のバリア機能を低下させたり、皮膚癌の原因となってしまいます。
ですので、しっかり紫外線対策を行う事が大切なのです。

紫外線対策には日傘や帽子なども有効ですが、紫外線は室内にも降り注いでしまう為、日焼け止めでケアする事が有効です。

ただ、注意したいのが日焼け止めを使うのは夏だけでなく、冬もオールシーズン使うという事にあります。
暑い夏場は紫外線がたっぷり降り注いでいるイメージがありますが、寒い冬場も紫外線は地上に届いています。

また雨や曇りの日も、晴れの日に比べると低い数値ですが、紫外線は降り注いでいる為、1年中対策する事がお勧めなのです。
ただ、SPFの数値が50など高い物を、毎日使い続けていると肌への負担となってしまう為、日常紫外線のケアにはSPF30程度の日焼け止めを使いましょう。